ガイウス(カリグラ) ( AD37-AD41 )

+
caligula_01 obv. caligula_01 rev. As
29.1mm, 11.3g
AD37 - AD38 , Rome

表:ガイウス(カリグラ) 裏:ウェスタ(竃の女神)

ゲルマニクスと大アグリッピーナの子としてAD12年に生まれる。悪名高い小アグリッピーナは彼の妹にあたる。小さな子供のころ父が司令官をしていた軍営で育ったのだが、そこで兵士たちにつけられたあだ名がカリグラ(小さな軍靴)である。
AD29年から33年にかけて、ティベリウス帝への陰謀の疑いで母アグリッピーナと兄ネロ、ドルススが死に追いやられるが、カリグラは自分の感情を押し殺してティベリウスに隷従し、後継者の地位を得る。
ティベリウスが死んだAD37年、カリグラの即位はローマ市民、元老院に歓迎される。最初のうちは統治にも特に問題は無かったようだ。 しかし、即位後半年が経った頃、彼は重病を患い、その後彼の行動はおかしくなっていく。 愛馬を執政官にしようとしたり、莫大な費用を費やしてナポリ湾に3km以上もの船の橋を架けさせて馬で駆け抜けてみたり、神の姿を真似するようにもなった。 AD40年頃にはほとんど支持を失っており、AD41年1月に暗殺される。妻と幼い娘も殺害され、カリグラは元老院から記憶の断罪を受ける。


ティベリウス 古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン) クラウディウス


Copyright(C) augustus

古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン)
ティベリウス 古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン) クラウディウス

+ 共和政

+ ユリウス・クラウディウス朝
--> アウグストゥス
  ----> アグリッパ
  ----> ユバ2世
--> ティベリウス
  ----> ゲルマニクス
  ----> ドルスス
  ----> ポンティウス・ピラトゥス
--> ガイウス(カリグラ)
--> クラウディウス
  ----> アグリッピーナ(小)
  ----> アントニア(小)
--> ネロ
--> ガルバ
--> オト
--> ウィテリウス

+ フラウィウス朝

+ 五賢帝の時代

+ セウェルス朝

+ 軍人皇帝の時代

+ 帝国四分割とその後

+ コンスタンティヌスの一族

+ ローマ帝国の黄昏

+ ビザンツ帝国

古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン)
古代ローマ