ネロ ( AD54-AD68 )

+
nero_01 obv. nero_01 rev. Denarius
17.5mm, 3.4g
AD67 - AD68 , Rome

表:ネロ 裏:サルス(健康と安全の女神)

ネロの名で知られるが、元々の名はルキウス・ドミティウス・アエノバルブス。母アグリッピーナの画策で 皇帝クラウディウスの養子に迎えられ、ネロと名乗るようになる。 (ネロと言う名はクラウディウス家に代々伝わる由緒ある名である。)
アグリッピーナがクラウディウスを暗殺してネロが即位する (クラウディウスの実子ブリタニクスは4ヶ月後にネロが毒殺)。 血なまぐさいスタートにもかかわらず、最初のうちの統治は評判が良い。 それは、哲学者セネカと親衛隊長ブルスの補佐によるものと言われている。
59年に母アグリッピーナを殺害。62年に妻オクタウィアを姦通罪の冤罪を着せて殺し、 人妻であったポッパエアと結婚。
同62年にブルスが急死。 このころからセネカも遠ざけられて、ネロの統治はでたらめになっていく。そうした中 64年にローマで大火が起きたが、人々はネロが自分の宮殿を建てるために街に放火した と噂する。本当にネロが放火を命令したかどうかはわからないが、とりあえず 放火犯人をでっち上げる必要から、キリスト教徒にその罪を着せ迫害する。 (ヨハネ黙示録中の獣の数字666というのは迫害者ネロの名を指している。)
芸術家を気取っていたネロはギリシャへ行って、悲劇役者としてコンクールで優勝。 しかし、これは皇帝の評判をかえって落とすものであった。
68年3月、ガリアで反乱発生。4月、タラコネンシス(スペイン)の属州総督ガルバが 皇帝を宣言。6月、元老院からも公敵宣言を受け、古式通りの残酷な処刑がなされると 聞いたネロは自ら命を絶つ。


クラウディウス 古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン) ガルバ


Copyright(C) augustus

古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン)
クラウディウス 古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン) ガルバ

+ 共和政

+ ユリウス・クラウディウス朝
--> アウグストゥス
  ----> アグリッパ
  ----> ユバ2世
--> ティベリウス
  ----> ゲルマニクス
  ----> ドルスス
  ----> ポンティウス・ピラトゥス
--> ガイウス(カリグラ)
--> クラウディウス
  ----> アグリッピーナ(小)
  ----> アントニア(小)
--> ネロ
--> ガルバ
--> オト
--> ウィテリウス

+ フラウィウス朝

+ 五賢帝の時代

+ セウェルス朝

+ 軍人皇帝の時代

+ 帝国四分割とその後

+ コンスタンティヌスの一族

+ ローマ帝国の黄昏

+ ビザンツ帝国

古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン)
古代ローマ