マクセンティウス ( AD306-AD312 )

+
maxentius_01 obv. maxentius_01 rev. Follis
24mm, 6.13g
AD309 , Aquileia

表:マクセンティウス 裏:笏と球を持つ神殿の中のローマ神

マクシミアヌス帝の息子。
305年にディオクレティアヌスマクシミアヌスが引退したとき、 空位になった副帝位を得られずに不満をもつ。 免税特権をとりあげられそうになったローマ市の市民たちの支持で 306年に帝位を僭称するが、支持基盤強化のために父 マクシミアヌスを帝位に呼び戻す。しかし、308年に仲違いして 父帝はコンスタンティヌスのもとに逃げ込むことになる。 312年にコンスタンティヌスに攻められて、ティベリス川で溺死する。


+
romulus_01 obv. romulus_01 rev. Follis
27mm, 6.51g
AD309 - AD312 , Ostia

表:ロムルス 裏:神殿の上の鷲

マクセンティウスの息子。300年頃に生まれ、309年に死亡したと伝えられる。
308年と309年に執政官(コンスル)になっているが、名目的なものであろう。


マキシミヌス・ダヤ 古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン) リキニウス


Copyright(C) augustus

古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン)
マキシミヌス・ダヤ 古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン) リキニウス

+ 共和政

+ ユリウス・クラウディウス朝

+ フラウィウス朝

+ 五賢帝の時代

+ セウェルス朝

+ 軍人皇帝の時代

+ 帝国四分割とその後
--> ディオクレティアヌス
--> マクシミアヌス
--> カラウシウス
--> コンスタンティウス1世
  ----> テオドラ
--> ガレリウス
  ----> ガレリア・ウァレリア
--> マキシミヌス・ダヤ
--> マクセンティウス
  ----> ロムルス
--> リキニウス
  ----> リキニウス2世

+ コンスタンティヌスの一族

+ ローマ帝国の黄昏

+ ビザンツ帝国

古代ローマ (ローマ帝国の歴史とコイン)
古代ローマ